行政経営フォーラムとは

行政経営フォーラムは、行政機関、NPO、特殊法人、学校、病院などの各種非営利団体、司法・立法機関の経営改革を推進、支援するための社会団体(非営利任意団体)です。

設立の趣旨と会員制度について(PMFJ会員チャーター第1号)

ご入会を希望される方は、下記の「会員チャーター」をお読み頂いたうえ、「入会申請」フォームから入会申し込みをお済ませください。

例会のご案内

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
行政経営フォーラム第61回例会
テーマ「行政改革の最前線―ー事実と数字とITを手がかりに」
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【日時】
2018年5月12日(土) 10:30~17:00

【場所】
慶応義塾大学三田キャンパス 南校舎445教室 (JR田町駅から徒歩10分)
https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html
キャンパスマップ「6」番の建物です

【会費】
会員 1,000円(遠隔地から自費で来たら0円、家族割二人目から半額)
非会員 3,000円(ただし、26歳以下の学生と大学院生は500円)

【プログラム】
10:30~11:15 ポストNPMの行政改革-東京都の「2020改革プラン」について考える(上山 信一)
東京都はこの4月深刻な人手不足、税収不足、資産有効活用などの新たな着眼に立った行政改革計画を策定。その背景と狙いについて解説します。
(上山信一 慶応大学教授。 旧運輸省、マッキンゼー等を経て現職。東京都、大阪府市、愛知県、新潟市等の改革に携わる)

11:20~15:05  「生活者起点の課題設定」×「新型ICT活用」による政策改革
「新たな技術の活用」は政策改革をドライブさせていく上で重要なツールです。また、行政が「新たな技術の活用」を進めるためには、企業との連携が欠かせません。「新型ICT活用」による新潟市の政策改革の取組みについて紹介します。
(新潟市役所 政策改革本部事務局 田口信雄)

12:05~13:20 昼食&東西南北会
​新規参加者歓迎をかねて
テーマ、企画募集中です。あればサロンに是非。​

特集①行政評価の現状評価と今後
13:20~13:50 行政評価の現状分析(NTTデータ経営研究所 小島卓弥)
三重県への事務事業評価導入から20年以上が経過しました。今後の活用方策を考えていただくためにも、改めて、行政評価の現状を整理させていただきます。

14:00~14:30 EBPMについて(国立国会図書館 田辺智子)

特集②ふくしま復興と私たちの役割について
14:45~15:45
東日本大震災から早7年。ふくしま例会として6回にわたり、交流させていただいた大熊町の石田副町長をお招きして、復興の現状を伺うとともに、ふくしま例会の総括を行います
(石田仁 福島県大熊町災害対策本部生活環境課長等を経て、2015年から大熊町副町長)

特集③データヘルス最新状況
16:00~16:30 実践データヘルス計画―ー市町村の健康寿命を延ばす(野口 緑)
心筋梗塞死亡率の減少、1人当たり医療費の伸びの抑制効果を確認できるに至ったヘルスアップ戦略の展開を中心に保健行政運営の在り方について考えます。
(野口緑 1986年尼崎市入庁、2009年市民サービス室課長、2015年市民協働局部長。2013年より大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学招へい准教授、2017年より現職。)

16:30~17:00 日本の医療情報データの実態とデータヘルス計画(東京大学 清水英子)
わが国における医療データの集積は世界の中でも遅れを取っており、活用範囲も限定的となっています。一方でデータを活用した予防や医療経済の改善に向けた動き(データヘルス)は盛んになってきています。日本のこうした実態を理解し、あるべき姿を探ります。
(清水央子 MS(統計学)、MMA(医療政策学)、PhD(医学博士) 医療情報データの利活用について研究、幅広く啓発・教育活動に携わる。現在東京大学大学院薬学系研究科特任准教授。人生の集大成として《医療》、《統計》、《ビジネス》を融合して日本の医療に一石を投じるべく奮闘中)

​17:30〜 懇親会(会員のみ参加可)​
前日以降のキャンセルはキャンセル料が発生する場合があります。

【申込先・申込方法】
参加申し込みフォームよりお申込みください。

会員チャーター

行政経営フォーラムでは、運営に関する決めごとは、「会則」という形式ではなく、その都度、決め事を英米法的に付け足す「会員チャーター」というスタイルをとっています。

(PMFJ会員チャーター第1号)
設立の趣旨と会員制度について(上記と同じです)

(PMFJ会員チャーター第7号)
会員相互のお約束について(随時追加していきます)

(PMFJ会員チャーター第6号)
行政経営大賞(Public Management Awards)について

(PMFJ会員チャーター第9号)
行政経営フォーラムに関する各種手続きについて(会員限定)

以下のチャーターは、目的を達成、または他のチャータと統合したため廃止しました

(PMFJ会員チャーター第2号)
行政経営フォーラムの運営体制について

(PMFJ会員チャーター第3号)
行政経営フォーラムのインターネット上の活動について
APPENDIX(Webページへの情報掲載について)

(PMFJ会員チャーター第4号)
地域別、テーマ別、新規事業等の支援活動について

(PMFJ会員チャーター第5号)
プロジェクト・タスクフォースへのマイクロクレジット制度について

(PMFJ会員チャーター第8号)
行政経営スクールの開校について